占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦のものです。

疑心暗鬼にならない

光

注意すべき点は疑心暗鬼と二極化

おまじないをするにあたって、疑心暗鬼にならないように注意します。元々、おまじないというのは、古来から神様などの崇高な存在を信じて行われてきました。しかし、本当に大切なのは神様が叶えてくれる事ではなく、信じる続ける事です。常に、思う気持ちと感謝を忘れないようにしましょう。 現在の地球上では、二極化が激しくなっています。つまり、前向きなエネルギーと後退するエネルギーに、はっきりと分かれてきているのです。おまじないにおいては、願いが叶いやすい人と叶いづらい人に分かれるという事です。おまじないは、純粋に叶えたいと思って行う事です。前向きなエネルギーの積み重ねは行動へと繋がり、良い結果を引き出すでしょう。

身近なおまじないの豆知識

おまじないによって、ルーツが存在します。身近なおまじないとしては、晴れを祈るために、てるてる坊主を軒下につるす事が挙げられます。実は、てるてる坊主は中国から入ってきた風習で、掃晴娘がモデルになっています。掃晴娘は箒を持った少女の人形であり、日本の白い布を膨らませた形状とは異なます。てるてる坊主は、昔からの風習であったと言えるのです。 また、学生時代にも、有名な恋愛のおまじないがいくつか存在します。例えば、消しゴムに好きな人の名前を書いて、気付かれないように使い切る事です。このおまじないは、複数の成功例がある事から成立しています。消しゴムは学生ならば、毎日持ち歩いている物です。なので、常に好きな人を思う事ができたからでしょう。