占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦のものです。

人気の占い

占い

日本では昔から人気がある九星気学

九星気学は、元々は易学から広がっていき、日本には推古天皇の時代からあったと言われています。 百済の僧侶である観勒が遁甲方術という書を日本に持ち込み、この書の中に九星気学についての記述があります。 遁甲方術は、戦略の秘術として伝えられていましたが、明治時代に九星気学としてまとまり、一般の人々の中にも浸透していきます。 人間の運には、エネルギーの流れに基づく法則があるので、自分の行くべき道の方向を知りたい、行動を起こすのに適した時期を知りたいという方が九星気学を利用しています。 三国志で名高い諸葛孔明は、九星気学を用いた吉方位鑑定法を使用して百戦百勝したというのは有名な話です。 三国志は日本でも人気があり、九星気学の人気にもつながっているのです。

一白水星、二黒土星…知ってる?九星気学

九星気学という言葉を聞いたことがありますか?九星気学という言葉にあまりピンと来ない人でも、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、七赤金星、八白土星、九紫火星…という言葉を聞いたことがある人は少なくはないはずです。これらのタイトルのついた占いの本が店頭に並んでいる事もあります。 九星気学というのは生まれた年月日に割り当てられた方位と干支と五行(火水木金土)を組み合わせて占う手法で、もともとは古代中国の民間信仰がベースになっています。 日本でも古くから家相を調べる際の方位術や気学などとして用いられてきていて、現在でも神社暦などを見ると九星気学によるその年・その月ごとの運勢が書かれていて、とても身近な占いであることがわかります。